スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HEAVEN~最初の話

2006-11-04-Sat-19:24

「真希ちゃんね、自殺したんだって……」
母の衝撃のコトバに、わたしは声が出なかった。
どうして、彼女が自殺なんかしたのだろう。特に悩んでいる様子などもなかったし、優秀だった真希の成績が下がったということも聞いていない。
おまけに、フリーなわたしとは違い 彼氏だっている。幸せなはずだ。
なのに……なぜ?
 
 彼女が死んだのは、今朝早くのことだった。
いつもは自分で起きてくる真希が、いつまでたっても部屋から出てこない。
不審に思った母親が部屋のドアを開けると……
彼女の胸は真っ赤に染まり、ベッドに横たわっていたという。そして、横には遺書のようなものがあったため、自殺ということがわかった。
そして、彼氏やわたしへのメッセージも残していた。


『わたしの親友(心友)、彩へ。
わたしは、彩という親友に出会えて、とてもシアワセでした。だけど、どうしても越えることのできない壁にぶちあたってしまったため、この道を選びました。
――わたしには、夢や目標がありません。
ただ、何もなく勉強を頑張っているという自分に、あるときふと疑問を感じました。
彩や浩太(真希の彼氏の名)は行きたい大学も決まってるし、夢や目標だってあるけど
わたしには受験生となった今でもやりたいことがわからず、このまま生きていていいのだろうか……とも思うようになりました。
目標がないまま生きるのが、すごくつらいと感じるようになりました……

だから、わたしは生きることを捨てようと決心しました。
こんなことをしてしまって、同じ受験生の彩にもすごく精神的にもつらい思いをさせてしまうだろうということは、わかっています。
だけど、わたしには彩や浩太と同じ世界で生きる資格はないとわかったのです。
最後に――受験がんばってください。 親友、または心友として空の上から見守っています。 マキ 』

ボールペンで一字一句丁寧に書かれていた。よく見ると、わたしが誕生日プレゼントにあげたレターセットだ。真希がすごく気に入ってくれた。
しずくがポタリとおちて、手紙がじわりとにじんだ。
読めなくなったところから、彼女のメッセージが消えていく気がした……
目標がなくて真希はすごくつらい思いをしていたが、それにわたしは気づいてやれなかった。そのことを、深く悔やんだ――
だけど…だから自殺をしていいものなのかと、わたしはふと考えた。

真希はたしかに目標を見失い、生きることに楽しみをだんだんと感じなくなったのであろう。そして、今回のような結果になった……。
でも、生きることが嫌になったからといって、人は簡単に死への道を歩んでいいのだろうか……。
いつも何気なく見ているテレビのニュースを思い出した。
残酷な犯罪に巻き込まれて死んでいく人たち……
遠い国での争いや戦争…… そして、災害……
普段何気なくテレビを通して見ている映像が、走馬灯のようにわたしの頭をかけめぐる。
きっと、誰1人として死ぬことを望んではいないはずだ。
真希だってつらかっただろうが、どうして生きるという選択肢がなかったのだろう。
彼女にだってそのつらい一線を越えれば、明るい未来があったはずなのに――



手紙をグシャっと片手で握りしめた。
この感情が、悲しみなのか、憎しみなのか……自分にもよくわからない。
自分が悲しんでいるのか、よくわからなかった。 涙も気づけばかわいていた。
そうだ――
死には共通するものがある。
どんな死にも、悲しみや傷跡が残ること。
そして、それらを背負って生きていかねばならない人々がいること。
それは、自殺であっても事故死や殺人の被害者であっても同じことだ。
必ず、「悲しみ」という4文字の感情がじわじわと湧いてくるのだ。
いや、4文字なんかじゃ表せないぐらいの感情がそこにはある……
まだ祖父母も元気にしているわたしは、真希の死が初めての身近な死の経験となった。
苦しんだ末に出した決断だったのだろうが、やはりゆるせなかったし、歯がゆかった。
親友なのに、一緒に一歩を踏み出す勇気もあたえられなかったのだ。
それでも、彼女には絶対に死んでほしくなかった。いや、真希の死を望んでるヤツなんて……絶対いない。

ふと、外を見るとまぶしいぐらいの青空が窓の外に広がっている。
遺書に書いた通り、真希は本当にわたしのことを見ているのだろうか?


明日は、お葬式がある――
とりあえず、今は真希の冥福を心のなかで祈ろう。

来世では彼女らしく、明るく    生きられますように……
スポンサーサイト

初期化しました(・∀・)

2006-11-02-Thu-19:21
こんんちゃ  (・∀・)ノ゛

約3ヶ月ぶりにFC2ブログへ帰ってきました!!ヽ(*´∀`)ノ゛ゎーィ♪
っていってもメインゎブロストのほうでするんで、コッチゎ小説サイト用にしようと
思います。

HPにしようかと思うんですが…時間なくて…

んで、HNをひなたでゎなくて、こっちで微妙に変えたいと思います。(・∀・)

*雨宮 陽菜(あまみや ひな)です。ちょっとHNをもじった系で…。
んで、雨という漢字も好きなので名字もつけましたっ(´艸`*)

まぁ…ぼちぼちと書いていきます。

もうちょっとしたらランキングとかに参加したり宣伝したりと…いろいろしたいです。

今は復活&新たなスタートに向けての準備中です。
これからこのサイトでゎ陽菜としてよろしくおねがいします。(*- -)(*_ _)゛ペコリ
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。